転職準備

接客→事務に転職するときに役立つ志望動機・自己PRの書き方一例

「売上やノルマに追われることなく、毎日コツコツと出来る仕事に就きたい!」

こんな感じで接客業から事務に転職を考える人は多いです。

でも…いざ転職を考えた時、書類選考で落ちるなんてことも考えられます。

これ、もしかしたらアナタが書いている履歴書の、『志望動機』に問題があるかもしれません。

今回は、接客業から人気職種の事務職へ転職するために知っておきたい、『志望動機の書き方』について、色々とお話していきたいと思います。

接客業からどんな事務に転職したいかはおさえておこう

そもそも、一言で『事務』といっても、事務職のタイプによって行う業務や向いている人は違います。

だからこそ、どんな事務職に転職希望かを抑えるためにも、どんな仕事内容でどんな人が向いているかはある程度抑えておくようにしましょう。

一般事務の仕事内容と向いている人

事務職の中でも特に初歩中の初歩な業務ばかり行うのが、この一般事務。

  • 電話対応
  • 資料作成

といった、いわゆる雑務が基本的な業務となります。

作業内容が見栄えするものではないため、続けると「つまらない」と感じることが増えてきますが、その業務を極めようとするモチベーションを保てる人には向いています。

営業事務の仕事内容と向いている人

営業事務は書いて字のごとく、営業マンのサポート役となる業務が多い事務職です。

一般事務で行う業務に加えて、

  • 顧客対応(電話や来客対応)
  • 営業先のデータ収集

などといった業務が増え、営業マンや顧客とのコミュニケーションも必要になってきます。

ある程度人見知りせずはきはきと話すことが出来る方や、相手の立場に立つことが出来る人向けの事務職です。

そのため、人とのかかわりが密接にあった接客業から、営業事務への転職はしやすいと言えますね。

医療事務の仕事内容と向いている人

病院や診療所・薬局といった医療関連業務を行うのが、『医療事務』。

患者の受付や支払い会計作業、カルテの保存や電話対応など、一般事務や営業事務と比べて接客業で培った能力を発揮しやすいです。

ただ、専門的な業務もあるので、医療事務の資格を取得する必要があります(通信講座でも最短4ヵ月)。

多くの人と笑顔で受け答えをする必要があるので、こちらも接客業をしていた人に向いている事務といえますよ。

会計事務の仕事内容と向いている人

会計事務は、簡単に言ってしまうと『経理』のようなものです。

会社内部の日々の取引管理から支払い業務、決算表の作成まで簿記に関する業務がメインとなります。

お金を扱う業務がほとんどなので、とにかく几帳面な方や簿記の資格を持っている方向けの事務職になりますよ。

接客業から事務職へ転職する際の志望動機で注意しておきたいポイント

事務といっても業務内容や向いている人によって、色々あることが分かりましたね。

ではここからが本題。
転職をするときに通りやすくなる「志望動機」の書き方のポイントを、紹介していきたいと思います。

意外と簡単に出来そうなことばかりなので、履歴書や志望動機を書くときは押さえておくと良いですよ。

なるべくわかりやすく、丁寧に書くようにしよう

まずはコレ。
丁寧に書くことは鉄板中の鉄板の為、気を付ける方は多いですが、「わかりやすく書く」部分は結構見落としがちです。

採用担当者は、接客業で働いたことがないことも多く、例えばレジ締め業務なんて言われても、その業務がどれくらい重要で、どんな作業内容なのかイメージしづらいことがほとんど。

しかも、接客業の時に使っていた『専門用語(業界用語)』を多用してしまうと、採用担当者はアナタがいったい何を伝えたいのか、全く理解できないことがおおいです。

そのため、志望動機にこういった内容を書く場合は、作業の中身を伝えるようにすることが大事になりますよ。

自分の人間性も伝わるような内容にしよう

アナタ自身が事務部を盛り上げるような性格をしているのか、陰ながらサポートする性格をしているのか。

こういった内容を書いておくのもポイント。
要は自分のキャラクターを明確に分析しておくことが大事ってことですね。

業種にもよりますが、働き方に影響しておくので、見落とせません。

こっぱずかしいと思いますが、これは第三者の人に聞いておくと良いでしょう。

簡潔に書く

そしてかなり重要なのが、『簡潔に書く』こと。

採用担当者はアナタを含めた、転職志願者の履歴書や志望動機に目を通す必要があります。

そのため、アナタがどれだけ頑張って志望動機を書いても、文字が小さかったり書いている内容が多すぎたりすると、「見づらい」なんて理由で読まなかったりすることも多いんです。

だからこそ、なるべく簡潔に、そしてインパクトを与える志望動機を考える必要があります。

ただし、短すぎても逆効果なので注意が必要ですね。

接客業から事務へ転職する際の志望動機例

最後に一例として、各事務職に対しての志望動機例を紹介しておきます。

コレは例ですので、丸っと同じ内容で採用されることはないので、あくまで参考として見ておきましょう。

一般事務に転職したい人の志望動機例

私は携帯会社の販売員として、お客様の接客をしております。

入社当初はとにかく丁寧な接客や手続き等に努めてまいりましたが、ある時から書類作成のような業務を正確にできることに魅力をかんじるようになり、貴社への転職を希望しました。

貴社へ入社後は、人が苦手とする業務にも即座に対応し、正確にできるように努めていきたいと考えております。

営業事務に転職したい人の志望動機例

私は前職でホテルマンとして接客を行っており、宿泊者に対する丁寧な対応に努めてまいりました。

その中で、人をサポートすることに面白さややりがいを感じるようになり、より密接に関わる営業事務職に強いあこがれを持つようになりました。

御社に入社後は営業の方の意向をくみ取り、どのように動くべきなのか常に考えて、サポートしていきたいと思っております。

医療事務に転職したい人の志望動機例

私は現在、洋服店の販売員として接客を行っており、接客や事務処理といった業務のなかで、丁寧な対応力と正確な作業を日々心掛けておりました。

父の入院をきっかけに付き添いで病院に通うことが増え、受付の方の優しい雰囲気やてきぱきとした仕事姿に感動し、同じように安心を与えられるような仕事がしたいと思っています。

現在は医療事務の資格取得に向けて勉強をしつつ、接客の対応力や事務処理の正確さに磨きをかけています。

未経験ではありますが、よろしくお願いいたします。

会計事務に転職したい人の志望動機例

私は家電量販店で接客をしており、毎月売上成績が発表されていました。

当初はとにかく自分の売り上げ成績だけを考えていましたが、ある時原価についても考えるようになり、だんだんと簿記に強く興味を持つようになりました。

御社へ入社後は、より一層簿記の知識を付けつつ、売上についての分析や予算といった財政状態に深くかかわっていきたいと思っております。

まとめ

いかがだったでしょうか。
接客業から事務職に転職する際の志望動機の書き方は、

  • なんで事務職に興味を持ったか
  • 転職するため・した後にどのような努力をしているのか
  • 接客業で学んだことをどう活かしていくのか

といった内容を分かりやすく、丁寧に書くことが重要です。

ただし、熱くなりすぎて文字数が多くなってしまったり、専門用語をガンガン使ってしまったりするのはNG行為と覚えておきましょう。

簡潔・わかりやすい・文字がキレイ。
それだけで採用担当者の心象はぐっと良くなりますよ。

転職活動、頑張ってくださいね。