接客業から転職したい時に見てほしい!オススメの業種とウマい転職方法

接客業はわりにあわない仕事のことが多く、離職率も多い職種。

「接客業、もう嫌だ…転職したい」

アナタもそう思っている一人のはず。

でも、実は接客業からの転職って、一般職からの転職と比べて独特なキャリアコースを気が付かないうちに歩んでしまっているため、転職もちょっと気を付けないといけないんです。

そこで今回は、接客業から転職するために知っておきたいことや、オススメの業種をまとめてみました!

接客業から転職する前に知っておきたい・考えておきたいこと

「接客もう嫌…」なんて考えた事があるアナタは、少なくても今の業務よりもやりがいのある仕事に就きたい!このままじゃまずい!そう思っているはずです。

こういった気持ちってすごく重要ですが、もっと踏み込んで考えた方がグッと転職成功に近づきますよ。

中でも特に、これからお話する以下のことを、最低限押さえておくようにしましょう。

女性が転職を考えている人は、下記サイトも参考にご覧くださいね。

参考:※女性限定!女性のための転職サイト!あなたのその転職応援します!

「BtoB」「BtoC」は心得ておこう!

あまり聞きなれないことだとは思いますが、簡単に言うと「取引相手の違い」のこと。

詳しく説明すると、このようになります

BtoB(企業間取引) BtoC(企業と消費者の取引)
・企業間での取引になるため、ビジネススキルが超重要!

・将来的なキャリアの選択肢が広い

・企業と消費者(お客様)との取引になるため接客力や商品知識、売り上げが重要視される

・ビジネススキルは二の次

・将来的なキャリアコースが狭い

見てもらうとわかりますが、アナタが就いている接客業は、基本的にBtoCの方。

そのため、新たにビジネススキルも心得ておくことが、転職を有利に進める秘訣です。

ただ、ビジネススキルはまだまだ身に付けることが出来るので、取引する相手が変わるから、必要な要素も変わってくると覚えておくと良いですよ。

業種は選り好みしないようにすると成功しやすい

また、接客業から未経験職に就く場合として押さえておきたいのが、『選びすぎは良くないこと』。

「若いからチャンスがある!」
なんて思うのは自由ですが、新卒大卒レベルでもなかなか採用されない会社には、どうあがいても転職することは難しいです。

だからこそ、業種はあまり絞らず職種だけ絞って転職先を探した方が得策ですよ。

転職サイトは複数利用が鉄板!

そして最後に覚えておいてほしいのがコレ。

実は転職サイトや人材サービス(派遣)は、アナタが就きたい会社よりも、会社側の人材確保したい考えを優先させることが多いです。

そのため、人材サービスは実質的な選択権はないと覚えておいた方が良いです。

転職サイトも人材サービスも複数使い分け、求人メールや面談で自分が就きたい業種・職種かどうかをしっかり判断するようにしましょう。

接客業からの転職を考えた時に有効活用したい転職サイトはコレ!

そこでここからは、転職するときに登録しておきたい、おすすめの転職サイトをいくつか紹介していきたいと思います。

リクルートエージェント

転職サイトの中では最大手と言って良いほど、求人量がすさまじく多い転職サイト。

求人メールがめちゃめちゃ多く届くので、自分で瞬時に判断することが重要になりますが、とにかく褒めつつ転職先を探してくれるので、やりたいことを話しやすいです。

膨大な求人情報の中から「コレだ!」と思える業種に就きたい方だけではなく、まだ自分が希望する職種が見つからない方でもしっかりと対応してくれるので、登録してみるだけでも転職する気が高まりますよ。

DODAエージェント

接客業から転職したい方にとって、DODAエージェントもオススメです。

販売サービス系へ入るための転職に強く、接客業経験者の扱いにも手慣れているため、業種の向き・不向きに対してのアドバイスもはっきりとド直球にしてくれます。

また、求人メールもコピペ対応ではなく、案件ごとにコメントをもらえるので、求人の選別もしやすくなっていますよ。

接客業から転職するならどんな職種がおすすめ?

さて、ココまでで接客業からの転職についていろいろとお話してきましたが、ここからは簡単にオススメの業種についてお話しておこうと思います。

主観的な考えも入っているので、あくまで参考として見ていってください。

事務や経理職は鉄板中の鉄板

接客業から転職したい人がまず思い浮かべる事務職

一般職からも事務職に就きたいと思う方も多く、ビジネススキルの中でも特に資格が重要になってくる職種ですよね。

そのため、黙々と作業をしたい方や昔取った資格を武器にしたい方には事務職がおすすめと言えるでしょう。

ただ、一般職の転職希望者とも争わないといけないので、競争率が結構高めです。

人付き合いがうまいなら営業も一つの手

柔軟な対応が求められる接客経験者は、営業職にも向いている方が結構多いです。

未経験からいつでもチャレンジできるほど、競争率は低めなので、人と会話するのが苦にならない人や、何か目標をもってチャレンジしていきたい人にはオススメといえますよ。

意外とおすすめなのが運送屋

そして、意外にオススメなのが運送屋。
トラックのあんちゃんです。
大型トラックの運転免許が必須ですが、接客業で疲れた人と人とのかかわりあいを極端に減らすことが出来ますし、何より運転中はハンドフリーで電話したり、音楽を聴いたりと好きな時間を過ごすことが出来ます。

最近だと運送業はかなり人手不足となっているので競争率も低め。
人と関わるのが疲れた、パワハラがひどいと思っている人にはオススメですよ。

まとめ

「接客業から転職したい!」

そう思う方は結構多いと思いますが、正直思うだけで現状を受け入れ、ただつまらない毎日を送ってしまう方が結構多いと思います。

でも…それじゃあ将来も明るくはなりませんよ?

思ったら即行動!
まずは転職サイトに登録して、「今、どんな仕事があるか見ておく」だけでもしておくようにしましょう。

中でも今回紹介した転職サイトはオススメですよ。